10月

2

婚約指輪とのバランス

一般的には婚約指輪をもらってから結婚指輪のことを考えますから、時には結婚指輪と婚約指輪のデザインが全く違うものになってしまいます。

それぞれに思い入れがあり本人も気に入っているならいいのですが、一緒に付けた時に余りにもイメージやデザインが違いすぎると、バランスとして見た時、アンバランスに思えてしまう事があります。

ここは個人の考え方の違いなどもありますが、結婚指輪は婚約指輪とお揃いで選んでおくのもオススメです。

ブライダルジュエリーを扱う専門なら、最初から婚約指輪と結婚指輪をセットで展示しているところもあります。

形は違ってもあらかじめセットで使う事を前提にデザインされていますので、同時に身につけた時もとてもスマートに見えます。

セットとして販売されているもの以外にも、同じ金属を選んでおけば統一感が出ます。

普段身につけているアクセサリーがシルバーで、婚約指輪はプラチナ、結婚指輪はゴールドとそれぞれ違う金属を選ぶと、同時に付けた時バラバラなのでどうしてもごちゃごちゃとして見えてしまいます。

婚約指輪はとてもゴージャスでボリュームがあるのに、結婚指輪は極細リングというのもどことなくバランスが悪く見えてしまいます。

結婚指輪を選ぶ時は、婚約指輪や普段使いのアクセサリーとのバランスも考えておくといいかもしれません。

これから結婚指輪を購入する予定がある人や近々購入予定の人は、バランスも考えて選ぶ事をおすすめします。

Posted in 結婚指輪の選び方 | 婚約指輪とのバランス はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.